思い出の逃した獲物

北海道北部の海の近くの生まれで、歩いて数分で海があるところで暮らしていました。ライザップ新宿店

夏になると昆布漁やウニ漁とともにイカの漁も始まります。すっぴんメイク ccクリーム

小さい頃は学校に行く前にイカ売りのおばちゃんが荷台を引きながらイカを売りにやって来るのが夏の定番でした。目の疲れ

夜に海の方に明かりが見えるようになり、朝にはイカ売りのおばちゃんの声聞こえてくる、そんな季節になると父親が夜な夜な漁港の方へ出かけ、よくイカを釣りに行っていました。どろあわわ 楽天

港で釣り竿をたらして、イカを釣るのです。ダイエットエステ 千葉県

朝起きて台所の方に行くと、バットの上に収穫があがっている事があり、うれしかったです。草花木果

真っ黒で、指で触ると色が変わる、まだ新鮮な生きたイカでした。ライザップ町田店

ある時、兄と妹、母親とともに釣りに連れて行ってもらった事がありました。

数本あった釣り竿を与えてもらい、何時間かねばったのですが、その日はどの竿にもあたりはなく、あきらめて帰る事になり、私も釣り糸を巻き上げていくと、なんと何の引きも感じていなかった糸の先には1匹のイカが! 家族で大騒ぎになって、「引き上げろ引き上げろ!」と言われるものの、釣りの経験がほとんどなかった私はどうすればいいかわからず、そうこうしている間に暴れるイカは針から逃げ出し、海に帰って行ってしまいました。

初獲物ゲットとはいかなかったものの、釣りの感動とくやしさを味わえた貴重な思い出です。

Link

Copyright © 1996 www.1802brickfederal.com All Rights Reserved.