この複数の使用明細の解説と

クレジットを店舗において使用する時、一度は感じたことがおありかと考えますがレジの担当者が不慣れなためにどの紙をお客様へ対して提示するべきか迷う時があるのではないでしょうか。

というのも、クレジットカードを使うと、カード端末より数枚の利用レシートが吐き出されるからであり、それらのどの明細をカード利用者に差し出して良いのか判断できないというケースがあるのです。

3枚の利用レシートについて>それではこの複数の使用明細の解説とはどういうものかについてまとめると下記の内容になります。

1お客さんへ渡すレシート。

2お店の控え利用明細。

3カード会社保管用レシート(記名をするレシート)。

本来であれば例外なく客の方へ保管してもらう利用レシートの方を渡してくれるはずですが、時として、別の利用明細の方を利用者のもとへ見間違えて渡してしまうというという場合や記名した方のレシートを渡してしまうというといった重大なミスすら見受けられるのです。

このパターンは時間給スタッフに対してやそれほどクレジットカードというものが使われることのないショップで会計する際カードを提示すると、このような店舗従業員の困った姿が垣間見ることが出来ることでしょう。

もしもレジ担当者が上述のように明細というものを渡そうとした際は、親切に「こちらは違いますよ」と教えてください。

Link

Copyright © 1996 www.1802brickfederal.com All Rights Reserved.