www.1802brickfederal.com

誰でもいつかは年老いてしまいますし、そうすると介護を必要とするようになる可能性も低くありません。 自分自身もそうですし、自分の身近な人が要介護になる可能性もあります。 そう考えると今現在は縁がない人にとっても、結局は身近な問題だといえるでしょう。 私もまだ子どものころに急に祖父が倒れて、介護を必要な状態になったことがありました。 半身不随でしかも利き手であった右半身が動かなくなってしまい、言語を司っていた左脳のほうにダメージがあったので、言葉もほとんど喋れなくなってしまいました。 それでも祖母は一生懸命になんと10年以上にも渡って介護し続けました。 祖父と祖母はお見合いで結婚した夫婦なのですが、出会い方に関わらず、絆というのは生まれるものなのだなと思ったものです。 大変な介護生活のなか、行政からのサポートにはかなり助けられたようです。保険などはもちろんのこと、デイサービスなどは祖母によっても祖父にとっても良い気分転換になったようでした。

Link

Copyright © 1996 www.1802brickfederal.com All Rights Reserved.