www.1802brickfederal.com

今はうちの会社は「みなし残業制度」を取り入れているので、余程のことがない限りは 残業代は決まっています。 昔のように100時間も残業をしていたら、さすがに調整などが行われるようですが、 昔バブルの頃などは残業代が給料を超えた時が何度もありました。 確かに、日々残業、残業で、最終電車もなくなるほど残業したこともあります。 それでも、給料日に残業代が給料よりも超えた明細を見ると、ちょっと報われた、というか 頑張ったなあと思ったものです。 ところが、最近は残業をいくらしても、みなし残業制度で所定の給料にしかなりません。 これって案外、モチベーションに影響してしまいます。 残業代などお金だけがすべてではないですが、やったらやっただけの給料をもらうことが モチベーションを維持するためには必要なんだと思います。 まあ最近は景気も悪いので、未だにアベノミクスの影響は皆無ですから、残業が一杯!ということには なりませんが、納期が迫ると残業は増えています。 でもどうせ。。どれだけやっても給料はここまでなんだ、と思ってしまうと、 急にやる気がなくなってしまいます。 残業代が給料を超えた時が懐かしいなあ。

Link

Copyright © 1996 www.1802brickfederal.com All Rights Reserved.